宝くじや船買うために500万円横領し逮捕

勤務先の会社から約500万円を横領したとして、物流会社の営業所長だった男が逮捕された。

警視庁によると砂永正樹容疑者は、物流会社の営業所長として、社員の給料を管理していた2014年に、会社から数回にわたり現金約500万円を横領した疑いがもたれている。

砂永容疑者はすでに退職した人がまだ働いているように装い、給料を本社に請求する手口で横領していたという。砂永容疑者は横領が発覚した後に会社を解雇されていた。

調べに対し、砂永容疑者は「宝くじや小型船舶を買った」などと容疑を認めていて、警視庁は砂永容疑者が少なくとも1年間で1300万円を横領したとみて調べている。