DV冤罪でハメられた男性、金も子も失い離婚の1年後に元妻は間男の子を出産

痴漢冤罪に遭った男性の多くの人生が狂い、時には命を落とすことさえあります。夫婦間でも妻にDV被害をでっち上げられ離婚となれば、痴漢冤罪のように男性はすべてを失うことにもなりかねません。

今回の相談者はまさに“離婚冤罪”で全財産を失うだけではなく、2人の子どもたちとの面会権もなく、元妻に言われるがままに月収の6割を養育費として支払続けています。

さらに元妻の不倫と再婚、離婚後の妊娠もわかり、DV被害を装い不倫の慰謝料から逃れていたこともわかりました。今回の相談者はどこで何を間違ったのでしょうか。

「キャーーー!やめて!この人です、この人ーーー!!」

見知らぬ女性が突然、大声を出し、こっちを睨みつけ、自分の左手を掴み上げてきたら…毎朝、眠い目をこすりながら満員電車に揺られるサラリーマンにとって「痴漢」を疑われた時点で「人生終了」です。

なぜなら、法の下では誰しも平等。本当なら「疑わしきは罰せず」のはずなのに、電車内に限っては「疑わしき『男』は罰する」と言わんばかりに、「無駄な抵抗はよせ!」と周囲の乗客に羽交い絞めにされ、そして「おとなしくしろ!」と駅員に連れていかれ、さらに「自分がやったことが分かっているのか!」と駅員室では警察官に引き渡されるのです。途中でどんなに「やめてくれ!」と抵抗しても、「僕はやっていない!」と反論しても無駄。だからといって線路に飛び降りて逃げようとしても、次の電車に轢かれて死亡するのがオチ。
.

さらに強制わいせつ罪(刑法176条)で起訴され、刑事裁判で有罪判決を受けたら、「あの人、痴漢で捕まったのよ」と社内で後ろ指さされ今の勤務先を自主退職せざるを得ず、今まで当たり前のように毎月、口座に振り込まれていた給料を失った挙句、「痴漢をするような息子に育てた覚えはない!」と実家に見捨てられ、親戚一同から縁を切られてしまい、その日を境に地獄へ真っ逆さま…まさに一寸先は闇。一罰百戒ですべてを失うのですが、それは「男」だからです。

● 妻がDV被害をでっち上げ警察沙汰 妻は子どもを連れ実家に

痴漢冤罪の一件だけ見ても「女は正直者、男は嘘つき」「女は献身的、男は身勝手」「女は弱く、男は強いから、男は厳しく罰するべき」という前提で世の中の仕組みが作られているのは明らかです。男尊女卑ならぬ「男卑女尊」状態なのは電車内だけに限りません。例えば、夫婦が離婚する場面はどうでしょうか?「男は疑われたら人生終了」という意味で、痴漢冤罪とそっくりなので「冤罪離婚」と言い換えてもいいくらい。私のところへ相談しに来た植田誠さん(34歳、会社員、年収600万円)の話に耳を傾けてみましょう。

「あんたとはもう一緒にやっていけないわ。さようなら」

妻(専業主婦)はリビングのテーブルに置き手紙を残し、息子(5歳)、娘(3歳)を連れて実家に帰りました。事の発端は遡ること2週間前。

「キャーーー!やめて!この人です、この人ーーー!!」

些細なことで妻と言い合いになり、妻が110番をしたのです。10分もしないうちに2名の警察官が玄関から入ってきました。もともと警察沙汰になるような大事ではありません。なぜなら、妻が「バカ、ボケ、死ね!」と挑発してきた挙句、ワインボトルを振りかざしたので誠さんが「やめろ!」と言い、妻からボトルを取り上げただけ。「完全な正当防衛ですよ!」と誠さんは必死に弁明したのですが、全く聞き入れてもらえず、警察署に連れて行かれてしまったのです。

 

本文はこちらhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00139254-diamond-soci