宮城の消防士自殺 両親が「パワハラ原因」と事務組合に損賠求め提訴

宮城の消防士自殺 両親が「パワハラ原因」と事務組合に損賠求め提訴 (産経新聞)

塩釜地区消防事務組合(塩釜市尾島町)の利府消防署(利府町利府)に勤務していた消防士、児玉淳さん=当時(23)=が自殺したのは上司のパワーハラスメントが原因だとして、児玉さんの両親が3日、同消防事務組合に9千万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。

訴状などによると、児玉さんは平成22年4月に同組合に採用され、24年4月に利府消防署に配属。署内の配置転換があった25年4月以降、上司3人から机を蹴りながら叱責されたり、仕事のやり方を教えなかったりといったパワハラを受けたという。児玉さんは署長と副署長にパワハラを訴えたが改善されず、児玉さんは同7月に鬱病の診断を受け休職、10月に自殺した。

両親は地方公務員災害補償基金県支部に公務災害を申請したが、同支部は平成27年10月に公務外と判断。両親は不服を申し立て、同支部は28年10月、公務外認定を取り消し、上司のパワハラと児玉さんの自殺には因果関係があり、公務災害だと認定した。

児玉さんの両親は3日、仙台市内で会見し、父(69)は「パワハラをこの世からなくしたいと思い、夢半ばで旅立った淳のためにも(勝訴を)勝ち取りたい」と訴え、母(56)は「当事者からの謝罪は一切ない。かけがえのない息子の命をなんだと思っているのか。親として許さない」と涙ながらに声を震わせた。

提訴を受け、同事務組合は「パワハラの有無については、事実確認中。それ以上は訴状が届いておらず、お話しできない」とのコメントを出した。

本文はこちらhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000011-san-l04