長時間労働でうつ病自殺を労災と認定

新潟市民病院(新潟市中央区)の女性研修医(当時37)が2016年1月に自殺したのは極度の長時間労働によるうつ病発症が原因だとして、新潟労働基準監督署が労災と認定したことが1日、分かった。遺族の弁護士が明らかにした。認定は5月31日付。

詳しくはこちら長時間労働でうつ病、研修医の自殺を労災と認定 新潟